バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

ニューモデルのバイクについて

バイク好きの人にとって、バイクのニューモデルには関心があると思いますが、海外で開かれる国際オートバイ・スクーターの見本市では、世界のバイクメーカーが新型を発表しているので、毎年世界の多くの人が注目しています。

 

 

既に多くの車種が見本市に合わせて、世界に初めて公開するサンプルモデルを生産しています。日本の4大メーカーのバイクのニューモデルもその中に含まれて、世界中のバイク好きの人が心を躍らせながら楽しみに待っています。2016年の見本市はいつも以上に人気で、10月にできた車種の中から、ユーロ4規制を守る義務が課されています。

 

ユーロ4の規制に対応したニューモデル

 

ユーロ規制は1992年からスタートしていて、4年から5年おきに段階的に規制が厳しくなります。規制が徐々に厳しくなるために、規制が出たあとにユーロ規制に合わせられない車種は廃版になりました。ユーロ4の規制によって、騒音が規制されたり、排気ガスに含まれる有害物質を半減させることや、冷却したときの排ガス規制などの検測が変更されました。

 

 

こうしたユーロ規制が、バイクの装飾をはじめ今後の進展を大きく変えます。厳しいと言われてきた、ユーロ3から新しいユーロ4に移行する時期に出されるバイクは特に厳しい要求にこたえなければなりません。しかし、厳しい規制を受け入れたことで代償を支払うことにもなり、パワーカットをしなければならず、レアメタルの塊である部品を使うことでコストも余計にかかることやバイクの楽しさを守って作ることなど、各メーカーは要求に応える形でニューモデルを生産しています。

 

 

日本のメーカーも規制に合わせる

 

ユーロ4が制定されたことで、規制が強化されてしまいましたが、すでにマーケットに出回っている車種に環境に適した機能を付け足すと、値段が高くなり今の価格を維持できなくなります。そのため、今の車種を改造するのでなく、新しい車種を開発すれば、価格を大きく跳ね上げずに済むため、利用者のことを考えてニューモデルを開発しています。日本の国内メーカーが開発した乗りやすさで大人に人気のバイクも、ユーロ4の規制に基づいて作られているため、コールドスタートの時の排気ガスの量と質が厳しく規制されました。

 

 

エンジンが温まってないときには、濃いガスが出やすいので日本のメーカーは研究を重ねて規制をクリアしました。他にもまだ発表さてれていないユニークなバイクも販売を控えているため、海外の市場であっても日本国内のメーカーが多くの利用者に愛されています。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!