バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクの盗難を防ぐためにできること

バイクを買う前に考えることは盗難に関する問題で、毎年のように盗まれるバイクの数は増えていて、窃盗団の盗難の方法も巧妙になっているのでかなりの注意が必要です。特に、自宅や敷地内での盗難が多く、利用者としては自宅であっても安心はできません。愛車を盗まれてから、まさか自分の愛車が盗まれるとは、と思う人は少なくありません。ワイヤーチェーン程度あれば簡単に切断されるので、ディスクロックやU字ロックと併せて使えば防犯の効果を高めることができます。プロの窃盗団は、個人で出来る防犯対策をしても、それには及ばないような手口で盗み出すため、細心の警戒が必要になります。

 

バイクの盗難被害は自動車よりも多い

 

バイクの盗難は自動車と比べると件数が高く、スクーターや小型の二輪車であればチェーンやロックを専用の工具で切って、トラックに積み込めば輸送もできてしまいます。チェーンさえ切れてしまえば、泥棒は簡単にトラックに積み込んで持って行ってしまうのです。信じにくいことですが、手馴れた窃盗団にとっては、バイクを運び出すまでの時間は1分もあれば十分です。盗難事件の半分以上はプロによるものなので、ロックを外して運び出すまでの時間は約1分以内です。そのため、簡単な防犯アイテムでは、プロに狙われてしまえば、いつでも盗み出されてしまうと思っておいたほうがいいでしょう。

 

自宅の駐車場やガレージは特に危険

 

バイクの盗難が多く発生する場所は、自宅や自宅の周辺で、自分が安心できる場所が盗難の被害に遭う可能性が高くなっているという調査データがあります。防犯ブザーやGPSを利用した追跡システムなどもありますが、泥棒にとってはあまり効果がありません。しかし、人の目は重要で、昼間の他人の目が多いときや場所では盗むことはないので、バイクの盗難の8割は、夜に人が寝静まったときに起きています。賃貸アパートでは、近くの屋外駐車場や、家の前のガレージなどで深夜に盗まれることが多いようです。

 

自宅の駐車場やガレージで盗難が頻繁に起きている理由は、事前に下見をしているからです。バイクの盗難はプロが行うことが多いですが、プロ集団は売却して利益が出るバイクを常に狙っています。高額で売れそうなバイクやスクーターを狙うので、まずは下見をしに現場を回るという習性があります。そこで、いつも同じ場所に停めていたり、毎日同じ時間に停めてあるようなバイクは狙われやすくなり、盗まれる確率が高くなってしまうのです。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!