バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクを買い替える年数はどれくらいか

バイクの買い替えを考えるタイミングは、人によって違います。これまでの車両に飽きてしまったので、新しい物に買い替えたいと思う人もいれば、数年前に買ったばかりなので、まだ買い替えには年数が少ないので買うのをためらう人もいます。また、新しいバイクや中古のバイクを買うときには、年数が5年以内の人と10年以上の人の2タイプに分かれます。中古車を買い換えるときには10年以上で行動に出る人が多いのですが、車と違い、趣味として乗っている人は自分の気に入った車両を長く乗り続けて、乗れなくなったら売り飛ばすという行動のパターンがあります。

 

バイクを買い替える年数は変わりつつある

 

新しいバイクを買った人は、中古のものを買った人に比べて2年から3年以内で買い替える割合が高いようです。これは新車でバイクを買ってから数年だけ楽しんだ後、価値が低くなる前に売り飛ばして損額を下げたい人の気持ちを反映しています。バイクを買った人の理想は、5年以内に売ることですが、現実的には難しく6年から8年と10年に満たない年数で売る人が多いようです。経済的な事情もあり、多くの人が5年以内という自分の理想時期に買い替えられない事情があるようです。もう一つの理想の買い替え年数は10年以上大切に乗ってから売るというものですが、車体が劣化したりパーツが市販されておらず、メーカーに取り寄せることになるため、手放すことにする人も多いようです。

 

経過年数とバイクの寿命

 

車を中古車として売り買いするときには、経過年数によって値段が大きく変わります。たとえあまり乗っていない車でも、経過年数が長ければ値段は下がってしまいます。しかし、バイクには経過年数はあまり関係がなく、保管した環境によって劣化状況が大きく変わるので車とは異なります。車を保管する場所は大半が外で屋根がありません。また雨の日でも雪の日でも車に乗らなければなりません。ところが、バイクの車体は車よりも小さく、ガレージに保管したり集合住宅でも屋根付きの駐輪場に停めておくことができます。雨が降った日は乗らないようにして、週末だけツーリングで使用する程度であれば、車と同じように腐食することはありません。ガレージに保管しておき、定期的にオイルを交換しておくなどのメンテナンスをしていれば、良い状態を保つことができ劣化はしませんが、新しいバイクを1年間手入れしないで雨ざらしにしておくと、すぐに錆だらけになってしまいます。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!