バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

売却に失敗するのはどんなバイクか?

新しいバイクを買うときには、これまで乗ってきた車両を下取りしてもらい、新車を買うための費用に充てる人もいます。乗り換えはとても便利で、ディーラーまで乗って行き、下取りしてもらって新車を買ってそれに乗って帰ってくれば一石二鳥で済みます。この様に新しく買い換えるときには、下取りした分を差し引いてもらい、新車を安く購入すれば良いのですが、場合によっては下取りしてもらえないこともあります。

 

引き取ってもらえないバイクもある

 

バイクを買い取りしてくる店では、買い取った後に自店で販売することを目的としているので、売り物としての価値のない物を買い取ることはしません。小さなキズであれば修理することができますが、大きくキズが付いていたりあちこちにヘコミがあると、簡単には修理できません。長い間乗らずに放っておくと、バイクが劣化してサビだらけになり、故障して動かないこともあります。直して乗れるなら買い取ってくれますが、再起不能であったり、修理するのにたくさんの費用がかかってしまう場合には誰も欲しがりません。修理できなくても、分解してパーツとして使用できなくはありませんが、パーツを売却出来るルートがなければ転売も難しいですし、普段は使わないパーツで店が狭くなるのも嫌なので、引き取ってもらえません。

 

違法車両は売却に失敗する

 

基本的には改造した車両は、下取りや買い取りしてもらえないことが多いです。また、盗まれたバイクを買い取ってくれる業者はいませんが、友達から譲り受けた場合に後になって、実は盗難車両だったと判明することもあるため注意が必要です。車体番号に細工がしてあったり、オシャレのために何らかの文字がナンバーに打刻してある場合も、違法行為になり買い取りを拒否されます。

 

盗難車かどうかを見極めるためにも、書類を揃える必要があり、管理が悪くて書類を無くしてしまったという人もいますが、何らかの対策が必要でしょう。書類が足りない時にも、再発行などの手続きを行えば買い取りを申し出ることはできます。しかし、車検証とナンバープレートが同時になくなったときには、車検証を再発行してナンバープレートの盗難届けもできないため、買い取りを拒否されてしまいます。バイクが大幅に壊れていなければ、下取りを拒まれることはありませんし、買い取り専門の業者であれば、少し状態が悪くても分解して部品として転売したり、海外への輸出用として査定を付けてくれることもあります。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!