バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクを売却する時に自賠責が残っている場合

自賠責保険は、バイク所有者に加入義務のある自動車保険です。1年〜5年の期間で自由に設定でき、契約期間によって1年あたりの保険料が安くなるので数年分まとめて保険料を支払ってしまう人も少なくはありません。
しかし契約満期になる前にバイクを売却したくなった時に、すでに支払ってしまった保険料を払い戻しできるのかが気になります。

 

結論から言えば、バイクを売却する時に自賠責保険の期間が残っていれば保険料の払い戻しが可能です。
ただし、「保険の残存期間が1か月以上ある」ことと「廃車証明書を持っていること」が払い戻しの条件です。

 

自賠責保険は先述したように加入義務があるので、バイクの車籍を登録したままでは保険解約ができません。そのため、バイクを売却する前に一時登録抹消手続きを取る必要があります。
抹消手続きは管轄の陸運局にて行います。そこで廃車証明書を受け取り、契約している保険会社で証明書を提出することで払い戻しの手続きを取ることができます。
また、任意保険に加入している方は自賠責保険と同じように任意保険の保険料払い戻しも可能です。

 

実際に払い戻される金額は排気量や残存期間によって変わります。
例えば自賠責保険が1年間残っているとしたら、125cc以下の原付は1800円程度、126cc〜250ccの普通二輪3400円〜4000円程度が払い戻されます。場合によっては数百円程度の払い戻しになるので、金額によってはどうしても取り戻さなきゃ損をするというほどではありません。

 

買取業者に売却する場合は、自賠責保険の還付金分を上乗せしてほしいと交渉することもできます。良い条件で買い取ってもらうための交渉手段にするのもおすすめです。

 

 

 

自賠責が切れているバイクを売る場合

 

バイクを売却する場合、自賠責切れの場合は再加入しないと売却できないと思っている人が多いと思いますが、自賠責切れでも問題なく売却はできます。
しかし、公道を走行すると道路交通法違反となりますので、査定などを行う際は出張査定を依頼する方法となり、査定額に納得すれば必要書類の準備と契約書のサインなどの手続きを行い、買取業者がトラックなどに積載して持ち帰り、名義変更などの手続きは全て業者が代行して行ってくれます。
出張査定は買取業者に直接依頼する方法と、インターネットを利用する方法の2種類あり、買取業者に直接依頼する方法は電話番号などを調べて依頼するのですが、査定額に納得できない場合は次の買取業者に依頼する事になるので時間と手間がかかり、多くの労力が必要になります。
インターネットを利用する方法は、一括査定サイトがあるので、これを利用すると複数社から査定してもらえるので比較が容易に行え、十分に検討してからピックアップした買取業者などに出張査定を依頼するのですが、オンラインで申し込みもできます。
また、バイクを売却する際の必要書類の中に自賠責保険証が必要になるのですが、自賠責保険が切れていない状態の場合の時に必要となるので、自賠責が切れている状態の時は不必要となります。
さらに、バイクを個人売買やオークションなどで売却する場合は、自賠責切れだと名義変更ができないので、この場合に限り廃車手続きを行う事で、購入者が新規に車検登録をすれば名義変更をした事になるので、自賠責保険が切れた状態でも売却はできますが、契約が成立した後は直接バイクを引き取りに行く必要があるので、トラックなど運搬する物が必要になります。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!