バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクを売却する時に税金はかかるの?

バイクを売却する際に発生する可能性がある税金としては、譲渡所得があります。譲渡所得とは、動産や資産を譲渡することによって発生した利益のことです。事業用あるいは個人所有にかぎらず、所有物を第三者に譲渡して利益がでれば、課税の対象になることがあるのです。
ではバイクを売却すれば、必ず税金を払わなければいけないのでしょうか。じつはほとんどのケースではバイクを売却して利益を受けた場合でも、税金を支払う必要はありません。譲渡所得に基づいて税金が発生する場合は、一定の基準を満たしていなければならず、通常の取引ではまずその基準に達することはないのです。
個人所有のものに対する譲渡所得の対象額は、売却益から購入代金とその取得にかかった費用を差し引いた金額になります。要するに売却金額が購入費用を上回らない限り、まず税金が発生することはないのです。もちろん希少なバイクを売った場合には、購入費用や取得に要した費用を足した金額よりも高額になることも考えられますので、絶対に税金が発生しないというわけではありません。
しかし仮に購入費用よりも売却金額のほうが上回る場合でも、個人が所有する生活動産、つまり日常生活を送るうえで必要だとみなされるものについては、課税の対象外となるため、バイクについても譲渡所得とはならないでしょう。ただしこれはあくまでも一般的なバイクの売却に関することで、通常の日常生活においては必要ない高級嗜好品とみなされる場合には、課税の対象となる可能性はあります。もっともこれは例外であり、基本的にはバイクを売ったからといって税金が発生することはないでしょう。
なおバイクを売却した場合には、少額ではありますが自動車重量税の還付を受けられることがあります。また支払い日の関係上、3月31日までに売ってしまえば軽自動車税は発生しません。少しでも高い利益を得たい場合は売るタイミングについても重要になりますので、詳細については買い取り業者などに確認しておきましょう。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!