バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクの寿命の目安

バイクの寿命は自動車よりも短いといわれています。もちろんすべてが画一的ではなく、排気量やエンジンの作り、乗り手の走り方次第で大きく変わります。
さて、ここではおおよその目安として、バイクの寿命を説明したいと思います。
まず、バイクの大半は消耗品でできている為、定期的に交換をすればかなりの年代物でも元気に走ることができます。ただし、消耗品を交換しなかった場合(特にエンジンや駆動系にかかわるものを交換しなかった場合)は約3万kmでエンジンに支障をきたし、最悪エンジンがダメになります。ここで、先述に寿命に排気量との関連性を挙げましたが、エンジンを多く回すとエンジンの負担も大きくなり、寿命を縮める結果になります。一概には言えませんが、レッドゾーン近くまで回すバイクは寿命が早いです。中古車の場合はエンジントラブルになる可能性が高いです。
 ならば大排気量のバイクならエンジンを回さなくても走るからエンジンがしっかりしているかというとそうではありません。かなりの年式が経っていながら走行距離の少ないバイクは逆にあまり走らせていないことにより、内部が傷んでいることがあります。こちらも要注意です。下手をすると、毎日乗っている走行距離の多いモノよりも寿命が短いこともあります。
 いままでいろいろと書いてきましたが、一番良いとされているのが、定期的にある程度の距離を走り、オイル交換などの消耗品交換をしっかり行い、無理な走りをしないことです。お金をかければいつまでも走らせることはできますが、おおよその寿命でいえば、「あれ?エンジンの音やふけ上りが変だな」と感じるときにターニングポイントを迎えます。人間の病気と同じで治療(修理)すれば治ることもありますが、中を分解しなければならないようなトラブルの場合はある意味バイクの限界といえるでしょう。日頃からどれだけバイクと向き合っているかが、その寿命の目安を知ることにつながるのです。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!