バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

燃費が良いバイクの車種

バイクの燃費は基本的にエンジンの構造によって変わってきます。最も燃費が良いのが気筒数(ガソリンと空気が爆発するシリンダーとピストンの数)が1つの単気筒エンジンであり、気筒数が増えるにつれて燃費は悪くなります。技術的には気筒数の多いエンジンのほうが燃費をよくすることができますが、気筒数の多いエンジンのバイクは最高出力やふけ上がりの良さをアピールしたモデルが多いためその点は二の次とされがちです。他方、構造が単純で安価に製造できる単気筒エンジンは多くのスクーターで採用されており、日常の足として使われることから少ない燃料で多くの距離が走れるように作られています。また、スポーツタイプの単気筒バイクでも、気筒数の多いバイクよりも低回転でのトルクが太いため高回転まで回すことが少ないので、相対的に燃費はよくなります。
燃費が良いバイクの車種の代表は、誰もが知っているホンダのスーパーカブです。カタログ上は100km/Lを超えるとされており、実際も60km/Lを超えます。その他、近年の50cc〜125ccスクーターは実際に50km/L以上走るモデルが数多く販売されています。
燃費が気になる方は、日常の足として想定されることを設計されたスクーターを選ぶことをお勧めします。

 

バイクの燃費が悪くなったら

バイクの燃費が悪くなる最大の原因はメンテナンス不足です。
バイクパーツの消耗は車の倍といわれるほど早いため、定期的にメンテナンスをする習慣をつけていなければ性能が落ちてしまいます。
ですので、燃費が悪いと感じた時には、すぐに修理に出すのではなく自分で各パーツの状態をチェックするようにしましょう。
まず一番にチェックしたいのがエアクリーナーです。
エアクリーナーが詰まると空気の供給が遮られますので燃費が悪くなります。
走行5000kmを目安に清掃を行うようにしましょう。
次にスパークプラグの状態のチェックです。
スパークプラグは燃費や出力に直結する部分ですので、摩耗するとバイクの性能は著しく落ちます。
基本的には3000〜5000kmの走行で交換するのがよいとされていますので、エンジンオイルの交換タイミングと合わせるとよいでしょう。
最後はタイヤの空気圧の調整です。
空気圧が低下するとタイヤと道路の接触面が増えて、その摩擦が走行を妨げますので燃費低下を招きますので、月に1度を目安に点検をし、必要であれば調整するようにしましょう。
上記の3つは修理業者に頼まなくとも自分で出来るメンテナンスとなります。
ただし、これらをやっても改善されない場合、メンテナンスに専用器具が必要なドライブベルトやブレーキ関連パーツの消耗が考えられますので、専門業者にチェックしてもらうようにしましょう。

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!