バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクの種類による選び方の基準

バイクを購入するとき、車種を考えます。どの種類のバイクを買おうかと考える時間も非常に楽しいものであると思いますが、その種類による選び方を紹介します。

 

バイク,種類

 

バイクには、ネイキッド、オフロード、アメリカン、スクーター、レーサーレプリカ、ツアラーなど複数のジャンルがあります。ここではスーパーカブなどの商用車は除きます。さらに、メーカーはホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国産4メーカーのほか、最近では海外のメーカーもよく見かけるようになりました。

 

 

全てを合わせると膨大な数の種類になります。趣味でバイクに乗るわけですので、見た目の格好良さや免許を取ろうと思うきっかけになった種類を選ぶのが良いです。特に初めてバイクを購入する場合には、購入したジャンルのバイクの乗り方をするのが好みになるケースが多いです。

 

 

もし、それでも決められないときはネイキッドなどロードスポーツタイプのバイクを選びましょう。教習所で採用されているのもこのタイプですし、どの走りの要素も平均的に持っていますので、ライディングテクニックの向上にも役立ちます。初心者は転倒リスクが高く、乗り始めると少なくとも1回は派手に転倒すると思われますので、中古車の購入をおすすめします。

 

バイクの種類別でみた排気量

 

バイクの種類には、大きく分けてスクーター、レーサーレプリカ、ネイキッド、アメリカン、オフロード、ツアラーがあります。スクーターは一般的に50tから125ccまでがスクーター、250t以上がビッグスクーターと呼ばれます。

 

バイク,排気量

 

日常の移動手段として使われるので必要以上の排気量は不要で燃費が重視されるため、50tから125tのスクーターがメインです。ビッグスクーターの中には750tの大排気量のモデルもありますが、ほとんどは250tから400ccです。

 

 

次に、レーサーレプリカとネイキッドですが、同じメーカーの同じクラスのモデルであれば両者はエンジンは同じで、足回りやエアロパーツ、ハンドルなどが異なります。エンジンの排気量は400tから1300tがメインであり、中には50tや125tクラスのものもあります。アメリカンはハーレーに代表されるように883ccから1800tなど大排気量モデルが花形ですが、250tから400tのモデルも発売されています。

 

 

オフロードは悪路での繊細なアクセルコントロールが求められ、また最高速度はさほど必要とされていないため、ほとんどが125tから250tであり、中には400tのモデルもあります。最後にツアラーですが、長距離を低回転で快適に走り、また重たい車体をスムーズに発信させるため、1000ccを超える大排気量バイクがメインとなります。

「バイクの種類による選び方の基準」 と一緒に読まれているページ

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!