バイクを売却するなら

バイクの高額売却方法とは!?

高額で売却するには、完全無料の一括見積もりサイトを利用する事です!
たった29秒で査定が完了!

バイク比較.comがオススメ!!

バイクの走行距離は査定に影響する?

走行距離の長いバイクを売却しようと考えた時に気になるのが査定への影響です。走行距離は確かに査定に影響を与える要素の一つです。

 

バイク,メーター

 

もし、自分がバイクを購入する立場だったら、同じ車種、年式で走行距離が短いものと長いもののどちらを選ぶのかといえば前者でしょう。

 

 

長い距離を走っているバイクは目に見える状態がよくても、見えない部分の消耗があるかもしれませんし、これから乗り続けることを考えると故障する確率が高くなると考えられます。

 

 

このような事から、走行距離が長いと売れにくい為、業者側は損をしないためにも査定額を下げるしかなくなります。しかし、必ずしも走行距離だけで査定額が決まるわけではありません。

 

 

例えば、走行距離が3万kmと4万kmのバイクがあったとして、明らかに後者の方が綺麗にメンテナンスをされていると分かるような状態であった場合、前者よりも後者の方が査定額が高くなる可能性はあるのです。

 

 

バイクの査定は総合的に行われますので、あまり走行距離に神経質になる必要はありません。どちらかといえば、どれだけバイクを大切に扱ってきたのかということの方が大切ですので、いずれ売却を考えているのであれば日頃から定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

 

バイクの寿命と走行距離の関係

 

日常的に移動手段として利用している方もいれば、たまの週末の趣味としてだけ利用している方もいるバイク。では、それぞれの使い方によって走行距離の増え方は異なりますが、累積の走行距離とバイクの寿命はどのような関係にあるのでしょうか。

 

バイク,走行距離

 

まず、バイクの心臓部であるエンジンは、必要なメンテナンスさえ行っていれば現在のエンジンなら20万キロ以上問題なく動きます。これはもちろん、エンジンオイルの交換、純度の高いガソリンの使用、スパークプラグの定期的な点検などをしっかりやっている場合の話です。

 

 

メンテナンスをしっかりやっていない場合、例えばエンジンオイルを全く交換していない場合では、3万キロ程度でも不具合を起こすことは十分あり得ます。

 

 

エンジンの寿命は極めて長いことはわかりましたが、ではほかの部品はどうなのでしょうか。劣化が起きるのは、まず、各部のベアリングです。ホイールベアリングは常に高速で回転し負荷がかかる部品なので劣化が早いです。また、ステムベアリングも同様に劣化が早いです。

 

 

その他、サスペンションも常に稼働する部品ですから、劣化します。これらは3万キロを超えたあたりから限界を迎えますので、パーツの交換が必要となってきます。

 

 

走行距離5万キロを超えたあたりから、各種ワイヤーなどが限界を迎えます。10万キロを超えるとほとんどの消耗パーツは限界を迎え、修理するよりも新車を買うほうが安くなってきます。

バイクを高額で売却する方法を教えます!!

 

       バイクを高額で売却するには・・・

 

複数の業者に見積もりをしてもらう事

高額売却できる業者に依頼する事

 

たったこの2つを実行するだけで、高額売却が出来ますが、「手間」が発生します。
その解決策が無料一括サイトです。私が利用したお勧めのサイトを2社ご紹介します!!

 

バイク比較.com

 

★利用者No1の一括サイト!

 

 

●オススメポイント
 ・一括査定がたった29秒で完了
 ・最高額があっという間にわかります!
 ・バイク買い取り業者80社以上から見積もり可能

 

紹介件数 提携業者 オススメ度
42万件以上 70社以上 バイク,売却,高く,売る

 

バイクランド (旧ゲオバイク)

 

★出張査定でお勧めの業者!

 

 

●オススメポイント
 ・乗り換えキャンペーン3万円貰えます
 ・全国出張OK
 ・どんな車でも査定が可能

 

紹介件数 店舗数 オススメ度
上昇中 11店舗 バイク,売却,高く,売る

 

どちらも入力が簡単で完全無料なので一度試してはいかがでしょうか?

バイクを少しでも高く買い取ってもらいましょう。

優良業者にしっかりと査定してもらう方が良いです!
厳選された70社以上から査定が可能!

バイク比較.comがオススメ!!